スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧の中の犬

霧の中の犬



霧の中の犬をおれは打った
霧のなかへ犬が追いつめた
犬の生涯のようなものを
おれは打った
息にまみれて
打つに耐えぬもの
逃亡と追跡の
間のようなもの
祈るばかりに小さなものを
ながい弁明のように
おれは打った
霧と名づけた
霧のようなもの
犬と名づけた
犬のようなものを
ただひとり 孤独な
罪と罰のように
おれは打ちつづけた




石原吉郎 詩集/「いちまいの上衣のうた」

プロフィール

梅田慈将

Author:梅田慈将
ただ生きているということは、生きる、ということではない。そのままそこで死んでいるような、つまらない男です。

アナログ時計(黒)

金魚

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。