スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魂病み

魂病み



すぐに
治りますよ
お医者さんの真似で
書斎のわたしの椅子に
ちょこんと座った繁樹が
開口一番こう言った
弟の直樹はその前で
神妙にしている
わたしは
二人の孫のかたわらで
まごまごしている
すぐには
治らなかったな
中学生のころ病んでいたわたしの魂は
それに
病んでいたことに気がついたのは
相当あとになってからだった
この間から
昭和二〇年の日記にこだわって
いまも読み返していたところ
おじさんはね
軍国少年だったのだよ
ばりばりの




川崎洋 詩集/「魂病み」

プロフィール

梅田慈将

Author:梅田慈将
ただ生きているということは、生きる、ということではない。そのままそこで死んでいるような、つまらない男です。

カテゴリ
アナログ時計(黒)
金魚
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。