スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚かしき月日

愚かしき月日



夕方になつてみても
自分は一度飯に立つたきりでそのまゝ机によりかゝつて
 煙草をのんでゐたのだ。

そして 今
机の下の蚊やりにうつかり足を触れて
しんから腹を立てて夜飯を食べずに寝床に入つてしまつた

何もそんなに腹を立てるわけもないのに
こらえられない腹立たしさはどうだ
まだ暮れきらない外のうす明りを睨んで
ごはんです――と妻がよぶのにも返事をしないでむつとして
 自分を投げ出してゐる態は・・・・・・
俺は
「この男がいやになつた」と云つて自分から離れてしまいたい




尾形亀之助 未刊詩篇



プロフィール

梅田慈将

Author:梅田慈将
ただ生きているということは、生きる、ということではない。そのままそこで死んでいるような、つまらない男です。

アナログ時計(黒)

金魚

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。