スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敵について

敵について



私の敵はどこにいるの?

  君の敵はそれです
  君の敵はあれです
  君の敵はまちがいなくこれです
  ぼくらの皆の敵はあなたの敵でもあるのです

ああその答のさわやかさ 明解さ

  あなたはまだわからないのですか
  あなたはまだ本当の生活者じゃない
  あなたは見れども見えずの口ですよ

あるいはそうかもしれない敵は・・・・・・

  敵は昔のように鎧かぶとで一騎
  おどり出てくるものじゃない
  現代では計算尺や高等数学やデータを
  駆使して算出されるものなのです

でもなんだかその敵は
私をふるいたたせない
組みついたらまたただのオトリだったりして
味方だったりして・・・・・・そんな心配が

  なまけもの
  なまけもの
  なまけもの
  君は生涯敵に会えない
  君は生涯生きることがない

いいえ私は探しているの 私の敵を

  敵は探すものじゃない
  ひしひしとぼくらを取りかこんでいるもの

いいえ私は待っているの 私の敵を

  敵は待つものじゃない
  日々にぼくらを侵すもの

いいえ邂逅の瞬間がある!
私の爪も歯も耳も手足も髪も逆だって
敵! と叫ぶことのできる
私の敵! と叫ぶことのできる
ひとつの出会いがきっと ある




茨木のり子 詩集/「見えない配達夫」

 

プロフィール

梅田慈将

Author:梅田慈将
ただ生きているということは、生きる、ということではない。そのままそこで死んでいるような、つまらない男です。

アナログ時計(黒)

金魚

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。