スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青をめざして

青をめざして


たゞ目の前のシグナルを
青のシグナルを見つめて
脇見をしないで
歩いた
どこへ行くのか考えたことも
なかった
青をみつめて
青だけをみつめて
わたしは歩いていった

どこが悪かったのだ
みんなどこへ消えたのだ




杉山平一 詩集/青をめざして


スポンサーサイト

歩く

歩く


何かゞ欲しい
その何かゞわからない

ニコチンを入れてみる
音楽を入れてみる
答えは出てこない

人の微笑でもなかった
夕空に輝きそめる星でもなかった

振子のように足をうごかして
たゞ僕はあるいている




詩集 杉山平一/ぜぴゅろす


純粋

純粋



世の中は
くらく 濁って
(それはそれでよいのだが)
僕の前の卓子の上
コップに水は澄み透っている

それを身体に入れて
もう一ぺん 僕は立ち上がる




杉山平一 詩集/ぜぴゅろす


プロフィール

梅田慈将

Author:梅田慈将
ただ生きているということは、生きる、ということではない。そのままそこで死んでいるような、つまらない男です。

カテゴリ
アナログ時計(黒)
金魚
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。