スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挨拶

挨拶



同じ職場に十年一緒の同僚。
これから先 三十年
一緒にいるだろう同僚。

にがいパンを購うために
ひとつところに集まってきた
せわしく淋しい蟻たちのような。

いつも
視線をまじえない お早う。
いつも
足早に追い越してゆく さよなら。

そうして 時に
こらえきれない吐息のような
挨拶

       なにか面白いことは
       ありませんか 面白
       いことは

誰も苦しみをかくしている。
誰も互いの苦しみに手を触れようとせず
誰も互いの苦しみに手を貸そうとしない。
そうして 時に
苦しみが寄り合おうとする。
       なにか
       なにか面白いことは
       ありませんか

面白い話が尽きて
一人去り
二人去り
最後に 話し手だけが黙って
ストーブに残っていたりする。

労働組合の議会で議長をやったとき
発言の少ないのに腹を立てて みんなを
一層黙らせたことがあった。
あの時も淋しかった。言葉不足な苦しみたちが黙っていたのだ。
ひとの前では言えないことで頭がいっぱいだったのだ。
――そいつをなんとか話し合おう――
と若い議長がいきりたったのだ あのとき。

不器用な苦しみたちは
いつも黙っている。
でなければ しゃべっている。
なんとか自分で笑おうとしている。
ひとを笑わそうとしている。
そうして
どこにも笑いはない。
そうして
       なにか面白いことは
       ありませんか

パチンコに走る指たちを責めるな。
麻雀を囲む膝たちを責めるな。
水のない多忙な苦役の谷間に
われを忘れようとする苦しみたちをも
責めるな。

これら 苦しみたちの洩らす
吐息のような挨拶を責めるな。

それら
どこからともなく洩れてくる
挨拶
       なにか面白いことは
       ありませんか

       なにか




吉野弘 詩集/「消息」 


スポンサーサイト

burst

burst
花ひらく



事務は 少しの誤りも停滞もなく 塵もたまらず ひそやかに 進行しつづけた。

  三十年。

  永年勤続表彰式の席上。

雇主の長々しい讃辞を受けていた 従業員の中の一人が 蒼白な顔で 突然 叫んだ。

――諸君
   魂のはなしをしましょう
   魂のはなしを!
   なんという長い間
   ぼくらは 魂のはなしをしなかったんだろう――

 同輩たちの困惑の足元に どっとばかり彼は倒れた。つめたい汗をふいて。

 発狂
 花ひらく。

――又しても 同じ夢。




吉野弘 詩集/「消息」


 

君も

君も



僕と同じように 君も
ささやかな朝の食事のあと
鏡にうつしたワイシャツ姿の首を
ネクタイで締め上げ
苦悩の人が死ぬのを見届けてから
此処へ来たのだろうか。
みがかれた靴をはき
家族とさよならをして。

朝のひととき
机に積み上げた書類の山を前に
一服の煙草を
うまそうに吸っている
親しい友
かすかに不敵な横顔。

だが いつまで持ちこたえるだろう
苦悩の人を殺しまた蘇らせるくりかえしを。

蘇りのときの
次第に稀になってゆく焦燥の中で
ぼんやりと

ラジオ番組の全部を
聞き終えてしまうことはないか
僕と同じように
君も。




吉野弘 詩集/「消息」

草に すわる

草に すわる



わたしの まちがひだつた
わたしのまちがひだつた
こうして 草にすわれば それがわかる




八木重吉 詩集/「秋の瞳」(一九二四年)

大木 を たたく 

大木 を たたく



ふがいなさに ふがいなさに
大木をたたくのだ、
なんにも わかりやしない ああ
このわたしの いやに安物のぎやまんみたいな
『真理よ 出てこいよ
出てきてくれよ』
わたしは 木を たたくのだ
わたしは さびしいなあ




八木重吉 詩集/「秋の瞳」 (一九二四年)

石くれ

石くれ



石くれを ひろつて
と視、こう視
哭くばかり
ひとつの いしくれを みつめてありし

ややありて
こころ 躍れり
されど
やがて こころ おどらずなれり




八木重吉 詩集/「秋の瞳」(一九二四年)

赤ん坊が わらふ

赤ん坊が わらふ



赤んぼが わらふ
あかんぼが わらふ
わたしだつて わらふ
あかんぼが わらふ




八木重吉 詩集/「秋の瞳」(一九二四年)

かなしみ

かなしみ



このかなしみを
ひとつに 統ぶる 力はないか




八木重吉 詩集/「秋の瞳」(一九二四年)

うつくしいもの

うつくしいもの



わたしみづからのなかでもいい
わたしの外の せかいでも いい
どこにか 「ほんとうに 美しいもの」は ないのか
それが 敵であつても かまわない
及びがたくても よい
ただ 在るといふことが 分りさへすれば、
ああ、ひさしくも これを追ふにつかれたこころ




八木重吉 詩集/「秋の瞳」(一九二四年)

プロフィール

梅田慈将

Author:梅田慈将
ただ生きているということは、生きる、ということではない。そのままそこで死んでいるような、つまらない男です。

アナログ時計(黒)

金魚

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。