スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天国は高い

天国は高い



高い建物の上は夕陽をあびて
そこばかりが天国のつながりのように
金色に光つてゐる

街は夕暮れだ

妻よ――
私は満員電車のなかに居る




尾形亀之助 詩集/「色ガラスの街」(一九二五年)

スポンサーサイト





私は椅子に坐つてゐる

足は重くたれて
淋しくゐる

私は こうした私に反抗しない

私はよく晴れた春を窓から見てゐるのです




尾形亀之助 詩集/「色ガラスの街」(一九二五年)

彼は待つてゐる

彼はまつてゐる



彼は今日私を待つてゐる
今日は来る と思つてゐるのだが
私は今日彼のところへ行かれない

彼はコツプに砂糖を入れて
それに湯をさしてニユームのしやじでガジヤガジヤとかきまぜながら
細い眼にしはをよせて
コツプの中に薄く濁つた液体を透して空を見るのだ

新しい時計が二時半
彼の時計も二時半
彼と私は
そのうちに逢ふのです




尾形亀之助 詩集/「色ガラスの街」(一九二五年)

寂しすぎる

寂しすぎる



雨は私に降る――
私の胸の白い手の上に降る

×

私は薔薇を見かけて微笑する暗示をもつてゐない

正しい迷信もない
そして 寝床でうまい話ばかり考へてゐる




尾方亀之助 詩集/「色ガラスの街」(一九二五年)

煙草

煙草



私が煙草をすつてゐると
少女は けむいと云ひます




尾方亀之助 詩集/「色ガラスの街」(一九二五年)

愚かしき月日

愚かしき月日



夕方になつてみても
自分は一度飯に立つたきりでそのまゝ机によりかゝつて
 煙草をのんでゐたのだ。

そして 今
机の下の蚊やりにうつかり足を触れて
しんから腹を立てて夜飯を食べずに寝床に入つてしまつた

何もそんなに腹を立てるわけもないのに
こらえられない腹立たしさはどうだ
まだ暮れきらない外のうす明りを睨んで
ごはんです――と妻がよぶのにも返事をしないでむつとして
 自分を投げ出してゐる態は・・・・・・
俺は
「この男がいやになつた」と云つて自分から離れてしまいたい




尾形亀之助 未刊詩篇



白 (仮題)

白(仮題)



あまり夜が更けると
私は電燈を消しそびれてしまふ
そして 机の上の水仙を見てゐることがある




尾形亀之助 詩集/「雨になる朝」

二人の詩

二人の詩



薄氷のはつてゐるやうな
二人

二人は淋みしい
二人の手は冷めたい

二人は月を見ている




尾形亀之助 詩集/「色ガラスの街」

プロフィール

梅田慈将

Author:梅田慈将
ただ生きているということは、生きる、ということではない。そのままそこで死んでいるような、つまらない男です。

カテゴリ
アナログ時計(黒)
金魚
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。